バルーンフェスティバル

バルーンフェスティバルとは?

ミャンマーのシャン州タウンジー村で行われるミャンマー全土で最大規模のお祭りの一つです。
ミャンマー暦Thadinkyut(タディンジュ)月の満月の日に行われるお祭りで、1年に1度お釈迦様がこの地上に現れる日と言われています。
その歓迎の為、全土のお寺にロウソクを立て果物や食事を奉納します。Thadinkyut月の満月の夜、人々の祈りをのせて、バルーンを飛ばすという、ミャンマーでも人気のお祭りです。

なぜ、ミャンマーで被災者応援を?

【震災で亡くなられた方のために】
2011年東日本大震災、2016年熊本があり、沢山の方が亡くなられました。
そして、ミャンマー・バガンでも大地震がありました。
災害で犠牲になった方たちの為に、何かできないか?
このバルーンフェスティバルでバルーンを打ち上げることは、日本で例えるとお盆や慰霊祭の灯籠流しに似た意味があります。
仏教の聖地であるミャンマーで、震災で亡くなられた方のご供養と復興の願いを込めて、我々MHFは毎年バルーンを打ち上げております

2014年
バルーンフェスティバル初参加。おそらくこのフェスティバルでバルーンを打ち上げるのは、日本人初とのこと。
2000本のローソクに彩られたバルーン。
記念すべき1回目の打ち上げです。

動画はこちら
https://youtu.be/xr0HmIqwXRA

舞い上がるMHFのロゴ 浮かび上がる観音様 日本の象徴、富士山 日の丸 「TOHOKU」「TUSNAMI」「FUJIYAMA」「NPO MHF」 観音様の横に「祈」の文字 東北の皆様の為に

2015年
2014年に続いて、バルーンを打ち上げました。
この年は、慈母観音様と蓮の花、「祈」の文字、お釈迦様、そして富士山と津波の絵を描きました。

バルーンフェスティバルはコンテスト形式となっており、審査員の投票で順位が付けられます。
この年我々のバルーンは、146基中6位入賞を果たしました!

動画はこちら
https://youtu.be/Qpqil5_Z3UQ

慈母観音様と蓮の花、そして「祈」の文字 浮かび上がるお釈迦様 富士山と麓にひろがる津波 東北忘れない・TSUNAMI・NPO MHF FIJIYAMAの文字

2016年
東日本大震災の被災者の方の慰霊という目的で参加を始めたバルーンフェスティバル、今回は熊本とバガンの被災者の方への慰霊も祈願して、バルーンを打ち上げました。

動画はこちら
https://youtu.be/7e0Dxw0vO8E

バガンのアーナンダー寺院の貴重な仏像様と下には蓮の花びら そびえ立つ熊本城